第34回サラリーマン川柳2021、優秀100句

作品(雅号)
『リモートで 便利な言葉 “聞こえません!”』(リモートの達人)
『「出社日は 次はいつなの?」 妻の圧』(在宅ワークマン)
『テレワーク いつもと違う 父を知る』(秋乃アキ)
『倍返し 言えぬ上司に 「はい」返し』(ギレン総帥)
『激論も パジャマ姿の 下半身』(王様の耳)
『十万円 見る事もなく 妻のもの』(はかなき夢)
『密ですと ますます部下は 近よらぬ』(急いで待て)
『抱き上げた 孫が一言 密ですよ』(白いカラス)
『コロナ禍が 程よく上司を ディスタンス』(大舞剛人)
『YOASOBIが 大好きと言い 父あせる』(テンビ)
『エコなのか どんどん増える マイバック』(忘れん坊)
『ソロキャンプ そもそも毎日 ソロライフ』(愛すべきソロ)
『いつだろう 同期の素顔 見れるのは』(なんちゃって大学院生)
『嫁の呼吸 五感で感じろ! 全集中!!!』(鬼嫁一家)
『下書きの 送信キーを 猫が押し』(油断在宅)
『テレワーク 大きな子供が ひとり増え』(ミートテック)
『あつ森で 仲良くなれる 僕と妻』(指マジック)
『虹プロで 学ぶダンスと 上司像』(のぼる)
『収入減 まず削られる パパの趣味』(大好きな家族)
『「密です!」と 訴えたいのは 仕事量』(まっさん)
『どの店も ドレスコードは マスクあり』(もやし)
『力メラOFF 忘れて晒す OFF姿』(にじのいろ)
『社会人 出社したのは まだ5回』(テレ新入社員)
『ハンコ不要 出社も不要 次はオレ?』(我楽多魔手箱)
『リモートの 背景だけは タワマン風』(温洸)
『会社では 偉そうなのねと 妻が言う』(テレワークの弊害)
『マスクだと 良く言われます イケメンネ。』(ソノマン)
『喫煙所 入場規制で“密”の列』(禁煙してよかっ太郎)
『自粛中 見えた夫の 定年後』(ハジちゃん)
『脱ハンコ 進めるために 判が要る』(公務印)
『密なのに 妻の抗体 なぜできぬ』(パパ抜き)
『体重増! リモート会議で あなた誰!?』(ダイエットスタート)
『会社へは 来るなと上司 行けと妻』(なかじ)
『「行ってくる」ふすま一枚 テレワーク』(今日も出勤)
『アイメイク 仕上げにマスク 時短術』(コダクさん)
『別人か 初めて知った 仕事顔』(ぴょんきち)
『オンライン 説教したら 画面消え』(メタボリック父)
『はんこレス 上司の仕事 吹き飛んだ』(ラッキー小太郎)
『気付かない 理由はマスクか すっぴんか』(チュニャン)
『小遣いを 電子マネーで チャージされ』(息子も同じ)
『じいちゃんに J.Y.Parkの 場所聞かれ』(けぇぽっぷ)
『週一の 通勤だけで 息切れる』(けぇぇぇぇぇ)
『トレンドは ワンチームから Teamsに』(マイクロそふと)
『プツプツと 途切れる意識と 無線ラン』(竜士)
『マイクON 部長の悪口 配信中』(逆ペリカン)
『マスクさえ 妻と娘と 別洗い』(まさるクエスト)
『オンライン 見える範囲で 見栄を張る』(多苦労)
『リモートで ミュート忘れて 愚痴バレる』(ねぼ)
『はたら苦が はた楽になる 子の笑顔』(さらり丸)
『咳き込んで 視線が痛い 電車内』(愛飲酒多飲)
『久々に 家族が揃った 在宅で』(もう100パーセント出社おやじ)
『持ち帰り 昔は仕事 今はメシ』(主夫と主婦)
『耳痛い 常時マスクと 妻の愚痴』(サミー)
『出勤が 運動だったと 気付く腹』(からあげ大好き)
『買ってきて 俺は我が家の ウーバーか』(めがね家族)
『3密を 避けて振り込む お年玉』(孫孝行)
『副業で 出前届ける 部下の家』(緊急事態宣言)
『遊ぼうよ! 息子よ、パパは 仕事中』(ぼぼるん)
『グータッチ 妻は私に ノータッチ』(一生ディスタンス)
『「5円」見て ビジネスバッグが エコバッグ』(おつかいパパ)
『「やばいです」それはいいのか 悪いのか』(カクト)
『あつ森に「ローンの返済 先越され』(NOベル)
『あの密を 恋しがる日が くるなんて』(めめりん)
『お父さん マスクも会話も よくずれる』(さごじょう)
『ズーム飲み 背景代えて はしご酒』(五時から男)
『ダイエット 時を戻そう おやつ前』(フィード・パス)
『定年後昔悠々 今窮々』(こんなはずでは)
『テレワーク 子供の参入 場が和み』(ヨミ坊)
『今の何? 半裸横切る Web飲み会』(あけたん)
『弁当に 今日の元気を 詰める母』(ぜんしょう)
『何曜日? 在宅勤務で わからなく』(小平主計将校)
『スマホより 俺を認証 しない妻』(山宗雲水)
『マスクでは 防ぎきれない 妻のグチ』(ワイさん)
『ペイペイは どこのパンダと そっと聞き』(アナログ子龍)
『マスクして 上司の顔色 読み取れず』(やればできる)
『孫の顔 初めて見るのは スマホ越し』(デレデレじいちゃん)
『飲み会の 会場さがし 家の中』(ひだっち)
『我が部署は 次世代おらず5爺(ファイブジイ)』(松庵)
『休日は 息子鬼滅で 嫁キツめ』(キツめの八重歯)
『あなたとは 要請なくても ディスタンス』(おとう)
『通勤も しなくていいと したくなる』(ないものねだり)
『テレワーク 気付いた会社の イスの良さ』(首肩凝蔵)
『終電が、、。 WEB飲み会では 充電が、、。』(直行直帰)
『子は鬼滅 夫婦は亀裂 おうち時間』(ねこのすけ)
『お若いと 言われマスクを 外せない』(エチケット)
『終われない 終電が無い ズーム飲み』(ヒゲだるま)
『寝ているの? 返事がないよ Web会議』(ラーノ)
『新人が イケメンと知る 食事中』(しーしー)
『世は鬼滅 給与減って 俺自滅』(下町の優男)
『掃除して! 一応これでも 勤務中』(掃除洗濯犬散歩)
『リモートの 上司の指示は 現場見ろ!』(万年課長)
『置き配を 不審物だと 騒ぐ祖母』(う一婆いーつ)
『熱っぽい 昔は出社 今待機』(メタボ)
『リモートで 不要不急に なる職場』(シュー)
『倍返し 真似してみたら 俺無職』(たけしん)
『晩ご飯 娘退出 妻ミュート』(じょせふ)
『部下を褒め 妻に気遣う テレワーク』(名ばかり父さん)
『自宅でも 嫁との会話 画面越し』(ホットライン)
『テレワーク 妻へ感謝の 倍返し』(つべる)
『どこにある ステイホームで 俺の場所』(するめのいのち)

第33回サラリーマン川柳2020、優秀100句

作品(雅号)
「我が家では 最強スクラム 妻・娘」(コラプシング)
「割勘も 新入社員は ペイでする」(キャッシュレス)
「令和婚 逃して目指すは 五輪婚」(はるP)
「話聞け! スマホいじるな!『メモですが』」(オジサン)
「おじさんは スマホ使えず キャッシュです」(リタイヤ組)
「これセーフ? 部下への言葉 ググる日々」(春人)
「定年や 辞めるに辞めれぬ 2000万」(トム?ソーヤ!)
「長時間 会議で決めた 時短案」(北鎌倉人)
「会議数 減らせないかと 会議する」(働かない改革)
「メモを取れ 言えばスマホを 部下が出し」(石笑)
「たばこ辞め それでも妻に 煙たがれ」(電子オヤジ)
「ロボットと 職奪い合う 新時代」(チャレンジャー)
「健康は アプリとサプリで 管理する」(豆助)
「エンタメも 子守りもこなす Youtube」(くしみや)
「初めての デートにトライ NO再度」(トークブロックス)
「一日で イクメン名乗って 怒られる」(そへ)
「会議では 令和最初が 定型文」(梅ぼ4)
「食事摂る? 今の時代は 食事撮る?」(むねきち)
「できる人 昔残業 今休暇」(印刷太郎)
「10% バブルは金利 いま税金」(飛鳥の王子)
「大行列 タピれる前に クタビれる」(悔し涙じゃじゃ丸)
「お小遣い 値上げトライも 逆ジャッカル」(リーチしないマイケル)
「パプリカを 食べない我が子が 踊ってる」(一歳毎日パプリカビデオ)
「ギガバイト 時給いくらか 孫に聞く」(昭和残党)
「ジジババも 子育て参加 ワンチーム」(森の一抹の不安)
「欲しいのは 100年安心 妻の愛」(愛妻家)
「指示したら それ無駄ですと 断られ」(AIマネージャー)
「還暦は ゴールじゃなくて 通過点」(大吉)
「アレクサは 何科の草か 孫に聞き」(しゃま)
「顔認証 オンとオフでは 別認証」(せきぼー)
「定年後 孫のお迎え 本業に」(お迎えママには負けないジージ)
「『今日残業』 送ると妻から 1いいね」(カモねぎ)
「家族ライン いつになったら 既読つく」(スルーされ続ける父)
「カッコよく スマホ決済 あとで泣き」(つじGUCCI)
「遠足日 夫の弁当 鮮やかに」(いつも残り物でごめんね)
「AIに 引き継ぎするのが 大仕事」(まだ人間でいたい)
「デート先 映えない場所だと 却下され」(男はつらいよ)
「パソコンを 上司に教え 日々多忙」(新入社員)
「同僚の 飲み会気づく sns」(イイねなんていらない)
「リーチです 昔麻雀 今マイケル」(りのんぱ)
「欠点を 個性と言い張る 新社員」(カクト)
「ポイントが 私の大事な お小遣い」(必然的に詳しくなります)
「もう来たの? ウーバーイーツと 我が夫」(ケンタイキー)
「忘年会 癖で上座へ 元部長」(夢追いびと)
「街コンで 気がつきゃ全員 顔見知り」(婚活難民)
「もうアラフォー 新卒続かず まだ若手」(昇格無し子)
「ラグビーで 一家団らん ワンチーム」(染塩)
「AIを 部長と呼ぶ日が すぐそこに」(怪傑もぐり33世)
「女房の 不利な時だけ ノーサイド」(全敗夫)
「二次会を 断るつもりが 誘われず」(光源氏)
「セルフレジ なぜか係に 付き添われ」(自信家)
「タピるって 旅に出るのか? 父慌て」(ビバ)
「マイホーム 今や二人で シェアハウス」(還暦亭主)
「イクボスも 家では別の ボスの部下」(市川 酔歩)
「『令和初!』 通常業務も プレミア感」(衣布歩智)
「調べもの OKグーグル 辞書はどこ」(なにわのあっちゃん)
「シメシメと 増税前に 無駄遣い」(アラ初老)
「主人にも ドラレコつけたい 5時以降」(えみっぺ)
「『ワンチーム』 にわかに課長が 言い始め」(磯っぷ)
「10%増 増える体重 延期なし」(なせばなるママ)
「『早よ、帰れ!』 言ってる上司が 帰らない」(勤務管理者)
「もう1杯 おねだりトライ 妻キック」(ラガービールマン)
「検診の 三日前では 結果出ず」(正直者)
「無駄遣い 言い訳いつも 『令和初』」(ぽぷらー)
「AIに 営業スマイル 審査され」(めめりん)
「能力値 課金で上がるの ゲームだけ」(くぼしょー)
「習い事 かけ持つ子ども 親は秘書」(次は英語でございます)
「人事異動 上司のトリセツ 引き継がれ」(千流迷塵)
「6時間 並ぶの俺で 嫁タピる」((うたたね))
「2%増 なぜか小遣い 2割減」(ぴのすけ)
「ハイハイが とても上手な 孫と部下」(クリちゃん)
「60年 政権交代 しない妻」(夜来香)
「登録が ストレスだらけの キャッシュレス」(デビューじじい)
「おっとの座 妻にジャッカル 返される」(おっとっと)
「増税が 分からなくなる スマホペイ」(さらちゃん)
「出会いの場 昔合コン 今パソコン」(ラッキーばーのん)
「オンライン 知らずに上司を 打ちのめす」(ゲーマーサラリーマン)
「部下休む インスタ上では 元気そう」(中間管理職)
「飯はいい そう言う前に 飯はない」(ウルトラの父)
「お小遣い LINEでねだり ペイを待つ」(キャッシュレス派パパ)
「消費税 十パー惜しく 持ち帰り」(しん)
「帰宅中 妻から受注 パパウーバー」(猫部)
「紙減らせ その指示がまず 紙で来る」(山宗雲水)
「若手との 会話が一番 高難度」(千咲奈那)
「部下のため 言ってる奴ほど 俺のため」(まー)
「増税後 10パーセントで 居場所買う」(イートイン男子)
「役に立つ 昔は上司 いまスマホ」(たつピョン)
「万一に キャッシュ握って 初ペイペイ」(現金主義)
「横向けば AIがいる 日も近い」(なつきつね)
「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」(ヒデキ)
「営業を 一番するのは 妻の前」(もやし)
「居場所なく 近所のベンチで テレワーク」(通勤し隊)
「若手呼ぶ 連れて来たのは 五十代」(田舎の建設業)
「平成に ついていけずに 令和来る」(喜夢多来)
「ぼっちでも ネトゲの中では 友100人」(ヒーローず)
「この脂肪 筋肉だったら ラガーマン」(関取?)
「足りないの? そもそも無いよ 2000万」(老後が心配)
「多様性 とりあえず生 絶滅種」(ろっこうおろし)
「お疲れと いたわる彼女は ブイアール」(しゅん)
「インスタ用 最初の乾杯 ハイテンション」(とまと)

第32回サラリーマン川柳2019、優秀100句

作品(雅号)
『五時過ぎた カモンベイビー USAばらし』(盆踊り)
『人生の 余暇はいつくる 再雇用』(年金未受給者)
『ご馳走を インスタ用に 作る妻』(なるほどマン)
『ジュエリーを 平成最後と ねだる妻』(ことは)
『新人の 名前が読めぬ 時代来た』(真珠2シャイ)
『再雇用 昨日の部下に 指示仰ぐ』(白いカラス)
『ゴール前 延びる定年 老い越せない』(チコちゃん55歳)
『メルカリで 妻が売るのは 俺の物』(島根のぽん太)
『意見箱 反映されず ただの箱』(下の気持ち)
『妻の愚痴 返す言葉は うん、そだねー』(クズギルティ)
『生産性 語る上司の 非効率』(悦)
『本題を 外れ会議は 活気付く』(安田 蝸牛)
『テレワーク そばに妻いて 緊張し』(あんどらごら)
『母強し いいえ女性は 皆強し』(人生百彩)
『切った後 価値が上がった 株と彼』(しーちゃんのばあば)
『手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち』(忘却の人)
『AIも 太刀打ちできぬ 妻の勘』(うみうし)
『飛「車」よりも 健康将棋じゃ 「歩」が強し』(組織の駒)
『子供服 ダンナのこづかい 上回る』(天童のサイトーです。)
『諦める 妻のトリセツ 日日進化』(赤塚不二子)
『朝ラッシュ ランチ満席 夜一人』(生一丁喜んで)
『脱サラし 農業継ぐも 親上司』(くら)
『半端ない 妻の小言は 容赦ない』(さごじょう)
『ジム帰り かいた汗より 重い酒』(おたやん)
『イクメンを 育てる前に 子が育つ』(みつ豆)
『神隠し!? 二次会なると 消える部下』(パスタ)
『会議中 本音と建前 懐疑中』(怪傑もぐり33世)
『「これ優先」 みんな言うけど どれ優先?』(全て最優先)
『間食を もぐもぐタイムと 正当化』(松戸ラガー)
『兄ショック ガンダム以来の アムロロス』(シャアの友人)
『ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし』(リトルプー)
『議論無し 「そだね~」だけの 役員会』(ぴんけろ)
『上司宅 家ではこんなに 動くのか?』(よみ人知らず)
『「前向きに 検討します!」と 後ずさり』(柳川良紗)
『下腹が 気づかぬ内に ひょっこりはん』(のあ)
『手間暇を 掛けてインスタ 冷める飯』(ハルル)
『女子会の モグモグタイム はんぱない』(ゆうこりん)
『何度目だ? 平成最後の 頼み事』(玉ねぎ頭)
『「あの頃は!」 今を語れぬ 我が上司』(カマキリ)
『大安か 上司出張 妻不在』(喜夢多来)
『子におもちゃ 捨てると言ったら 「イヤ、売って」』(しぇありんぐ、え?好みー?)
『俺四番 野球じゃなくて 風呂の順』(ぽん吉)
『いい数字 出るまで測る 血圧計』(とん吉)
『納税で 知らない土地も ふるさとに』(なにわのあっちゃん)
『この先は AI上司に 査定され』(トンケイ)
『顔認証 今では無理な クラス会』(ご同輩)
『今どきの ホウレンソウは LINEから』(しーしーちゃん)
『頼まれる お手すきの時 ありません』(うどんはいから)
『ふところは 年中無休 クールビズ』(逆ペリカン)
『病院へ 来ない仲間を 心配し』(カープひろし)
『趣味探し 定年前の 大仕事』(光男)
『腕枕 乗ってくるのは にゃんこだけ』(また旅)
『「やせなさい」 腹にしみいる 医者の声』(べごちゃん)
『「パパじゃやだ」 それでも送る 保育園』(毎朝大変)
『飲み会の 日程調整 まず妻と』(調整くん)
『「また残業」 俺のツイート 妻いいね!』(仮面夫婦)
『報告後 課長必ず 「メールして」』(ケンシロウ)
『夢を持て そういう上司も 夢見せて』(よみ人知らず)
『夕飯で 分かる明日の お弁当』(じゅん)
『お犬様 俺の四倍 床屋代』(ナナハン親父)
『給料も シニア割され 半額に』(再任用)
『家にいて 娘と会話 ラインにて』(ノア)
『よく切れる スマホの電池 うちの妻』(みらいむ)
『見える化を したのに見えない 小さい字』(リオカウル)
『例の件? ありすぎて困る 何の件?』(まじめ人間)
『叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」』(国語辞典)
『やっと縁 切れた上司が 再雇用』(アカエタカ)
『在宅勤 家事もまかされ フル稼働』(紫柳(シリュウ))
『定年が 手招きしつつ 遠ざかる』(マリちゃん)
『再雇用 家にいなくて 最高よ!』(糟糠の妻)
『人事異動 オレの後任 人工知能』(A.I.)
『どう耐える 百年時代 恐妻家』(ゆうちゃん)
『ライバルが 去ってAI 現れる』(ひぐらし)
『来春は 10連休だが 定年後』(蓼喰う虫)
『コインより 仮想に近い 夫婦仲』(仮面妻)
『忖度で ちがう意見が 一致する』(団塊世代)
『大変ねー 気遣うあなたは 再配達』(宅配便)
『伸び悩む パパの出世と 貯蓄額』(甘酒)
『昼休み 上司とランチ 勤務時間』(あやまる)
『休日に 働き方の 打ち合わせ』(きの子)
『組織人 英語で言えば YESMAN!』(NO MAN)
『削減だ 改革起こすと 仕事増え』(一生船乗り)
『そだねーと 妻の返事は スルーパス』(モグたん)
『ストレスで モグモグタイムが エンドレス』(ウエスト半端ねえ!)
『インスタで 妻のランチを 二度見する』(田中十字路)
『詰め込まれ 社に着くまでが 一仕事』(マニョ)
『上司から ともだち申請 見ないふり』(公私混同)
『終業後 家に帰れば 家事始業』(ワンオペ育児)
『効率化 他部署に負担が 移動した』(にしびん)
『ちょっといい? ちょっとで終わった 試しなし』(散らかりカレンダー)
『部下休み 理由知ったの SNS』(小豆)
『マラソンは 靴とウェア-で 勝負する』(嶋 一)
『まえは犬 いまはスマホに 話しかけ』(みっちー)
『オレ正論 妻へりくつで なぜ勝てぬ』(のりちゃん)
『ためている 俺はストレス 妻は金』(紙風船)
『会議終え 本音を言いに 喫煙所』(ほのぼの)
『意見出せ 出したとたんに 担当者』(七色とうがらし)
『効率化 提案会議で 残業か』(疲れる)
『U・S・A 流行りにのれない まあいっさ』(しん)
『参観日 こっそり祖父母も ひょっこりはん』(もりもりタイム)

相田みつを③

その人の前に出ると 絶対にうそが言えない そういう人を持つといい

私がこの世に生れてきたのは 私でなければできない仕事が 何かひとつこの世にあるからなのだ

あなたの心がきれいだから なんでもきれいに見えるんだなあ

なやみは つきねんだなあ 生きているんだもの

人生において 最も大切な時 それはいつでも いまです

毎日少しずつ それがなかなかできねんだなあ

いいですか いくらのろくてもかまいませんよ たいせつなことは いつでも前をむいて 自分の道を歩くことですよ

花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根は見えねんだなあ

身からでたサビだなあ 身に覚えがあるよ

無理をしないで なまけない私は 弱い人間だから

トマトにねぇ いくら肥料をやったってさ メロンにはならねんだなあ

わたしは、人間のほんとうの幸せとは 「充実感のある生き方」だと思っています。

柔道の基本は受身 受身とはころぶ練習 負ける練習 人の前で恥をさらす練習

- 相田みつを -

相田みつを②

あたらしい門出をする者には 新しい道がひらける

おまえさんな いま一体何が一番欲しい あれもこれもじゃだめだよ いのちがけでほしいものを ただ一ツに的をしぼって言ってみな

感動いっぱい、感激いっぱいのいのちを生きたい

一生勉強 一生青春

受身が身につけば達人 まけることの尊さがわかるから

そのうち そのうち べんかいしながら日がくれる

毎日毎日の足跡が おのずから人生の答えを出す きれいな足跡には きれいな水がたまる

やり直しのきかない人生 待った無しの命

私の、このヘタな文字、つたない文章も、見てくれる人のおかげで 書かせていただけるんです。「おかげさんで」でないものは、この世に一つもありません。みんな「おかげさんで」で 成り立っているんです。

待ってもむだな ことがある 待ってもだめな こともある 待ってむなしき ことばかり それでもわたしは じっと待つ

ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

- 相田みつを -

相田みつを①

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

名もない草も実をつける いのちいっぱいの花を咲かせて

だれにだってあるんだよ ひとにはいえないくるしみが だれにだってあるんだよ ひとにはいえないかなしみが ただだまっているだけなんだよ いえば ぐちになるから

あなたがそこにただいるだけで、その場の空気が明るくなる。 あなたがそこにただいるだけで、みんなの心がやすらぐ。 そんなあなたに私もなりたい。

背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分

あのときの あの苦しみも あのときの あの悲しみも みんな肥料になったんだなあ じぶんが自分になるための

澄んだ眼の底にある 深い憂いのわかる人間になろう 重い悲しみの見える眼を持とう

セトモノとセトモノとぶつかりっこすると すぐこわれちゃう どっちかがやわらかければだいじょうぶ やわらかいこころを持ちましょう

他人のものさし 自分のものさし それぞれ寸法がちがうんだな

その根っこは見えない その見えないところに大事な点がある

七転八倒 つまづいたり ころんだりするほうが 自然なんだな 人間だもの

負ける人のおかげで 勝てるんだよな

- 相田みつを -